FC2ブログ

言葉の刃

泣きながら彼女が話をする
電話口で嗚咽を漏らし
支離滅裂に話をする

彼女は頑張り屋だった
何があっても立ち向かっていた
他人の面倒を見るのが好きだった
他人から頼られていた

 あたしはこんなだから
 もう、誰もあたしの話を聞いてくれない
 正論を伝えたつもりでも
 鼻で笑われて
 「理想はそうだけどね~」
 冗談でも言われた事が嫌で
 言わないでと言ったら
 「ああ、あなたは今心の病だからね
  冗談も通じないのね」

彼女はこんなことを
言っていたのだと思う

頑張りすぎて
他人に何でも押し付けられて
人がいいから請け負ってしまって
責任を全部取らされた
それでも懲りずに
頼まれ事は引き受けて
そして

あの子に任せたら楽だね

そういう言葉を耳にして
心が壊れてしまった

心が壊れてしまった彼女を
壊した人たちが鼻で笑う
正しいことを言っているのに
間違った人たちが鼻で笑う

悔しくて悔しくて
彼女は泣いていた
言葉にならない言葉を搾り出し
彼女は刃に切り刻まれていった


2016/11/11
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア右